解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 火垂るの墓の旧病棟、解体へ 最後の見学会に760人

火垂るの墓の旧病棟、解体へ 最後の見学会に760人

2015年07月04日 東環コラム


朝日新聞デジタルより>

 野坂昭如さんの自伝的小説「火垂(ほた)るの墓」に登場し、同名のアニメ映画にもその姿をとどめる西宮回生病院(兵庫県西宮市)の事務棟(旧病棟)が、老朽化で解体される。4日、最後の見学会があり、市民ら約760人が訪れた。

 病院玄関を兼ねた事務棟は木造2階建てで、1937年ごろにできた。緩やかな弧を描く車寄せとアーチ型の窓枠が特徴。小説や映画では、神戸空襲で母を亡くした主人公の清太が幼い妹・節子と病院前を通りかかり、よその母娘の再会をうらやむ場面がある。

 95年の阪神大震災で玄関の屋根が落ちたが補修し、今年5月まで使われた。今月中旬に解体工事が始まり、来年夏に5階建て新病棟に生まれ変わるという。

 

このニュース記事▽

http://www.asahi.com/articles/ASH744VS9H74PIHB00L.html