解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 日鉄住金鋼管川崎製造所の大規模火災、解体工事の火花引火か

日鉄住金鋼管川崎製造所の大規模火災、解体工事の火花引火か

2015年08月25日 東環コラム


<TBS NEWSより>

 24日、川崎市の日鉄住金鋼管の製造所で起きた大規模な火災は、設備の解体工事中の火花から引火した可能性が高いことがわかりました。

 この火事は、24日午前11時半すぎ、川崎区浮島町の日鉄住金鋼管川崎製造所から火が出て、およそ4時間半後に消し止められたものです。この火災によるけが人はいませんでした。

 日鉄住金鋼管は火災の原因について、「屋外にある冷却槽の解体工事中に火災が発生したとみられる」と発表しました。


 警察と消防は、解体工事の際の火花などが引火した可能性があるとみていて、25日午前にも実況検分を行い、火災の原因などを調べることにしています。

このニュース記事▽

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2569746.html