解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 国立競技場の解体工事完了、跡地を初めて公開

国立競技場の解体工事完了、跡地を初めて公開

2015年11月17日 東環コラム

<TBS NEWSより>

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場を作るため、今年1月から始まった「国立競技場」の解体工事が先月末に完了し、16日、初めて跡地が公開されました。
 「新国立競技場」の整備計画をめぐっては、総工費が当初の予算のおよそ2倍の2520億円に膨らむなどしたため、今年7月に計画が白紙になりました。
 新たな設計・施工業者の募集は既に締め切られていて、年末に決定する予定です。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2636918.html

 

<朝日新聞DIGITALより>

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の予定地が16日、報道陣に公開された。旧国立競技場解体工事が先月下旬にすべて終わり、砂ぼこりを防ぐために種をまいたクローバーが生い茂っていた。(嶋田達也)

http://www.asahi.com/articles/ASHCJ64YFHCJUQIP02T.html