解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 銀座ソニービルが解体されイベントスペースに。2022年に新ソニービル

銀座ソニービルが解体されイベントスペースに。2022年に新ソニービル

2016年06月14日 東環コラム

AVwatchより>

 ソニーは、東京・銀座のソニービルをリニューアルする事業計画「銀座ソニーパークプロジェクト」を実施する。2017年3月31日で現在のソニービルの営業を一旦終了。ビルを解体し、訪日観光客の増加が見込まれる2018年~2020年の間は、「銀座ソニーパーク」と称したフラットな空間として開放。2020年秋以降にビルの建設を開始し、2022年秋に新ソニービルの営業を再開する。

 2016年はソニー創業70周年であり、ソニービルの開業からも50年目にあたる。7年がかりのリニューアルプロジェクトは、2つのフェーズで構成。第1フェーズ(2018年~2020年)は、取り壊したビルの跡地をイベントスペースの「銀座ソニーパーク」として利用する。

 地上で様々なイベントを開催する一方、地下5階の空間は残っており、そこはソニーグループのショールーム、飲食、物販用スペースとして営業する。敷地面積は707.27m2。延床面積は未定。着工は2017年春で、営業開始は2018年夏の予定。

 2020年秋には、新しいソニービルの建設に着工。2022年秋に営業開始予定で、この2022年からが第2フェーズと位置付けられている。新しいソニービルも、イベントスペース、ショールーム、飲食、物販などに活用する。

 なお、現在のソニービル営業終了に先立ち、ソニーショールームとソニーストア銀座は、2016年8月28日に、ソニーイメージングギャラリー 銀座は2016年9月8日にそれぞれ営業を終了。銀座4丁目交差点「GINZA PLACE」ビルにて、9月24日よりオープン。デジタル一眼カメラ、ハイレゾオーディオ、4Kテレビなど、ソニーの最新テクノロジーが搭載された商品を体験できる場になるという。

 「銀座ソニーパークプロジェクト」について、社長 兼 CEOの平井一夫氏は、「成長に向けて変革を続けるソニーを象徴する、非常に大きな意味を持つ事業。『人が見たことのないものを作ろう。これまでになかった感動を作り出そう』というソニーの創造と挑戦の理念は、ソニービルという場においても引き継がれていく。このソニーらしいチャレンジを通じ、皆様に感動や驚きをお届けしていく」とコメントしている。

このニュース記事▽

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1004863.html

 

仙台の解体工事なら株式会社東洋環境開発!

動画にて解体作業の様子をご覧いただけます。

▽解体動画
http://www.e-tokan.com/about/movie/