解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 熊本地震 被災家屋の“公費解体”が始まる

熊本地震 被災家屋の“公費解体”が始まる

2016年07月19日 東環コラム

日テレNEWS24より>

一連の熊本地震で、半壊以上の被害を受けた家屋を被災者の負担無しに公費で解体する作業が、熊本市で19日から始まった。



 熊本市東区にある「半壊」と判定された築30年余りの木造2階建てのアパートに、市や解体業者など約20人が集まった。安全を祈願する神事が行われたあと、関係者が室内に入り、解体工事の手順を確認した。

 熊本市が今月12日までに受け付けた公費による解体は769件で、受け付けの予約は7760件余りに上っているという。市では、月400件のペースで解体を行い、2年間で終わらせたいとしている。

このニュース記事▽

http://www.news24.jp/articles/2016/07/19/07335684.html

 

仙台の解体工事なら株式会社東洋環境開発!

動画にて解体作業の様子をご覧いただけます。

▽解体動画
http://www.e-tokan.com/about/movie/