解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 福知山線事故現場マンションの解体始まる

福知山線事故現場マンションの解体始まる

2016年07月27日 東環コラム

日テレNEWS24より>

 兵庫県のJR福知山線脱線衝突事故で、現場マンションの一部を保存するため、JR西日本は27日朝からマンションの解体工事を始めた。



 27日午前10時、施工業者の関係者約30人が、マンションの解体工事を始めた。2005年に起きたJR福知山線脱線衝突事故では乗客106人が死亡、事故の傷痕が残る現場マンションを巡っては、JR西日本が遺族からアンケートを採るなどし、4階から上の部分を取り壊し、慰霊施設として保存する計画に7割以上が一定の理解を示したとして、今年1月から周辺の整備工事を進めていた。

 計画ではマンションの解体に半年ほどかかり、2年後に慰霊施設が完成する予定。

 

このニュース記事・動画▽

http://www.news24.jp/articles/2016/07/27/07336396.html

 

仙台の解体工事なら株式会社東洋環境開発!

動画にて解体作業の様子をご覧いただけます。

▽解体動画
http://www.e-tokan.com/about/movie/