解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > <さくら野仙台>破綻1ヵ月前から解体求め調停

<さくら野仙台>破綻1ヵ月前から解体求め調停

2017年05月08日 東環コラム

<河北新報ONLINE NEWSより>

 破綻したさくら野百貨店仙台店(仙台市青葉区)の建物と敷地の8割を所有し、匿名組合が出資する法人が、運営会社エマルシェ(同)の自己破産申請の1カ月以上も前から、建物取り壊しの同意を求める調停を申し立てていたことが4日、分かった。

 さくら野仙台店が営業していたにもかかわらず、早期に敷地を更地にしてデベロッパーなどに譲渡するため、法的手段を取ったとみられる。路線価が東北トップの一等地をめぐり、再開発の動きが水面下で進められている。
 法人は東京都中央区の「さくら野DEPT仙台合同会社」。匿名組合は不動産証券化などで多くの投資を集めるため、組合員の投資家に事業に関与させず、匿名性も担保する出資形態。仙台合同会社の匿名組合についても、投資家や事業者の実態は明らかにされていない。
 さくら野仙台店の建物と敷地は、最大所有者の仙台合同会社を含む5法人、3個人が分割所有している。エマルシェは2月27日に破綻したが、仙台合同会社は1月、建物取り壊しの同意を他の所有者に求める調停を仙台簡裁に申し立てていた。
 関係者によると、仙台合同会社は再開発を主導するのではなく、建物を取り壊して大手デベロッパーなどに土地を譲り、投資を回収するのが目的とされる。
 仙台合同会社側の代理人は「調停をしているのは事実」と説明。他の所有者側の代理人は「方向性は考えているが、取り壊しに応じるかどうか結論は出していない」と話す。今後も調停は続き、再開発の行方は不透明なままだ。
 さくら野仙台店前の「青葉通」の2016年路線価は1平方メートル当たり198万円で、60年連続で東北トップとなった。一方、同店の敷地と建物は権利関係の複雑さなどから、過去にも再開発が頓挫してきた。
 現在も建物内でテナント10店舗が営業しているが、仙台合同会社は各店にも早期の退去を求めている。関係者によると、全テナントが今月中の退去で話が進んでいる。

 

このニュース記事▽

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170505_13029.html