解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 「X橋」見納め 9日深夜、クレーンで撤去

「X橋」見納め 9日深夜、クレーンで撤去

2014年07月09日 東環コラム


河北新報 ONLINE NEWSより>

「X(エックス)橋」の愛称で知られるJR仙台駅北側の宮城野橋が近く、架け替え工事のため見納めとなる。重さ約130トンの鉄橋は、特殊クレーンで9日深夜に撤去され、隣接するれんが張りの高架橋は秋にも解体される。仙台の昭和の名残がまた一つ消える。

CropperCapture[1] (2)

本日深夜、国内でも数少ない1250トンづりクレーンで、約100メートル離れたアエル北側の市有地に移してから解体されるとのこと。X橋といえば、仙台市民なら誰もが知るランドマークですので、名残惜しく眺めているかたも多いのではないでしょうか。

▽河北新報 ONLINE NEWS 記事                       http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140706_15014.html