解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 世界最大級の屋内プール解体へ 宮崎のシーガイア

世界最大級の屋内プール解体へ 宮崎のシーガイア

2014年08月02日 東環コラム


日本経済新聞より>

 大型リゾート施設「シーガイア」を運営するフェニックスリゾート(宮崎市)は1日、閉鎖中の世界最大級の屋内プール「オーシャンドーム」(敷地面積約8万5000平方メートル)を取り壊すと発表した。解体時期は未定。跡地の利用策を決定後に解体に着手する。

オーシャンドーム

 オーシャンドームは1993年に開業したシーガイアの目玉施設として420億円をかけて建設、利用者の減少で2007年に閉館した。施設の活用策を検討してきたが老朽化で改装費用が多額になるため取り壊す。

▽日本経済新聞 記事                           http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ0106J_R00C14A8TI0000/