解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 指定廃棄物最終処分場、宮城県知事が候補地調査受け入れを環境相に報告

指定廃棄物最終処分場、宮城県知事が候補地調査受け入れを環境相に報告

2014年08月08日 東環コラム


MSN産経ニュースより>

 東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場をめぐり、宮城県の村井嘉浩知事は7日、環境省を訪れ、石原伸晃環境相に候補地絞り込みに向けた国の詳細調査を受け入れる意向を伝えた。国は宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の5県で最終処分場を造る方針だが、候補地の詳細調査を受け入れるのは宮城県が初めて。CropperCapture[1]

 井上信治環境副大臣がお盆明けにも処分場候補地となっている栗原市、大和(たいわ)町、加美(かみ)町を訪れ、調査の開始時期や具体的な調査内容などを説明する。                       3市町のうち、加美町は調査を拒否。他の2市町は調査には賛同したが、処分場建設には反対している。

▽MSN産経ニュース 記事  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140807/lcl14080720240002-n1.htm