解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 東京都・麹町で取り壊し予定のビルを”美術館”にするイベント

東京都・麹町で取り壊し予定のビルを"美術館"にするイベント

2014年08月22日 東環コラム


マイナビニュースより>

BCTION実行委員会は、美術家の大山康太郎と写真家の嶋本丈士が主宰するアートプロジェクト「BCTION(ビクション)」を開催する。会期は8月31日~9月30日。会場は東京都・麹町のオフィスビル(参加者のみに詳細を通知)。入場無料。

CropperCapture[2]

同イベントでは、今後取り壊される予定のビル1棟を美術館として再利用。ビルの床や壁などまで使用し、50組の若手アーティストがおのおのの芸術を表現する。この取り組みにより、アーティストが社会に関与できるチャンスを広げ、表現の場を増やし、さらにはアートマーケットを拡大することが可能であると想定し、このたび開催の運びとなったという。

▽マイナビニュース記事                       http://news.mynavi.jp/news/2014/08/19/227/