解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 国立解体、さらにずれ込み=内閣府に入札苦情申し立て-東京五輪

国立解体、さらにずれ込み=内閣府に入札苦情申し立て-東京五輪

2014年09月12日 東環コラム


<時事通信社より>

 日本スポーツ振興センター(JSC)は11日、2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場として建て替えられる国立競技場(東京都新宿区)の解体工事が、予定していた今月末には開始できず、さらに遅れる見通しであることを明らかにした。
 有識者でつくる内閣府の「政府調達苦情検討委員会」が、入札で工事を落札できなかった業者からの苦情申し立てを10日付で受理し、JSCに対し、解体請負業者との契約執行を一時停止するよう要請したため。

CropperCapture[1]

 業者は申し立てで、落札者とJSCの官製談合が疑われるなどと主張している。同委員会は審査の上、10月17日までに結論を出す。JSCの担当者は「申し立てが認められ、再入札になる可能性がないとはいえない。工期が短くなり、非常に厳しい」と語った。
 国立競技場の解体工事は今年7月に始める予定だったが、入札の不調などでたびたび延期されている。

▽時事通信社 記事                            http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2014091100819