解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 銀座の名古屋商工会館:取り壊し前にアート空間になる

銀座の名古屋商工会館:取り壊し前にアート空間になる

2014年10月07日 東環コラム


<CINRA.NETより>

アートイベント『THE MIRROR』が、10月16日から東京・銀座の名古屋商工会館で開催される。

会場は1930年に建てられ、取り壊しが決定している5階建てのビルとなる。1階では、愛知にある野外博物館「博物館明治村」のコレクションを紹介する展示『博物館明治村開村50周年記念「デザインの黎明」』が行われるほか、2階ではトラフ建築設計事務所がデザインしたボックス型展示『THE MIRROR COLLECTION box』、最上階には隈研吾が会場デザインを手掛ける松岡正剛のライブラリー『屋根裏ブックウェア』が出現する。

CropperCapture[1]

▽詳しくはこちら                             http://www.cinra.net/news/20141006-themirror