解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > <大和の不法投棄>宮城県内最大規模か

<大和の不法投棄>宮城県内最大規模か

2014年11月17日 東環コラム


河北新報オンラインニュースより

 宮城県大和町の産業廃棄物処理会社「タイワコスミックミリュー」が東日本大震災の被災家屋の解体ごみなどを不法に投棄したとされる事件で、県警は17日、廃棄物処理法違反容疑で、同社のごみ焼却施設を現場検証した。産廃の総量は計約176トンに上るとみられ、県内で起きた不法投棄事件としては過去最大規模になる見通し。
 検証は午前10時ごろ、県警生活環境課と大和署の捜査員計約10人態勢で開始。同社の男性社長が立ち会い、がれき搬入から焼却までの一連の流れを確認した。

現場検証写真
 県警はことし8月に廃棄物処理法違反容疑で同社事務所など3カ所を家宅捜索、9月に事務所隣の山林を現場検証した。県警によると、同社が埋めたのは木片などの廃材約116トンと焼却灰約39トン、廃プラスチック約21トン。気仙沼市などの被災地から運んだものが含まれているとみられる。
 同社幹部は県警の任意の調べに対し「下請け業者が勝手にやった」などと話しているという。
 同社は1991年創業。産廃の収集運搬と中間処理などを請け負っている。震災後、敷地内の施設で、家屋解体に伴うがれきの破砕や再生処理を行っている。
 現場は東北自動車道大和インターチェンジから約5.5キロ東南の山あい。

 

このニュース記事▽

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201411/20141117_13052.html