解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > <大和不法投棄>会社役員ら4人逮捕

<大和不法投棄>会社役員ら4人逮捕

2015年02月24日 東環コラム


<河北新報より>

 宮城県大和町の産業廃棄物処理会社「タイワコスミックミリュー」が東日本大震災のがれき処理で発生した廃プラスチックなどを不法に投棄したとされる事件で、県警は22日、廃棄物処理法違反の疑いで、同社の元リサイクル部長で会社役員納田和仁容疑者(63)=仙台市泉区八乙女2丁目=ら元従業員の男4人を逮捕した。
 ほかに逮捕されたのは同社の元工場長で会社員稲岡成美(45)=徳島市南佐古五番町=と、ともに同社の作業員だった建設作業員四宮誠一郎(59)=同市安宅2丁目=、無職阿部文一(64)=大和町吉岡=の3容疑者。
 逮捕容疑は共謀して2014年8月12~13日、同社が管理する大和町鶴巣大平の山林に焼却灰約39トンを埋めた疑い。
 県警生活環境課によると、現場周辺には木片などの廃材約116トンと、津波で被災した気仙沼市から搬出されたとみられる廃プラスチック約21トンが埋められていた。
 不法投棄されたとみられる産廃の総量は今回立件された分と合わせて計約176トンに上り、県内では過去最大規模となる見通し。
 県警は、納田容疑者らが施設の処理能力を超えて産廃を受け入れ、処理費用を浮かす目的などで不法投棄した可能性もあるとみて裏付けを進めている。
 納田容疑者は「埋めたのは有価物で、法に触れない」と容疑を否認、稲岡容疑者は「後で掘り返せば違法ではないと思った」と一部否認している。四宮、阿部両容疑者は認めている。

このニュース記事≫http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201502/20150224_13013.html