解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 中学校の廃材、不法投棄 元解体業者を逮捕

<三重県>中学校の廃材、不法投棄 元解体業者を逮捕

2015年02月05日 東環コラム


<中日新聞より>

 三重県尾鷲市の輪内中学校の校舎改築工事をめぐり、旧校舎の基礎部分や廃材を撤去せずに埋めたとして、三重県警は4日、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで、同県松阪市久保町の解体業者「大成産業」の元従業員、佐野一義容疑者(52)=同市上川町=を逮捕した。

 逮捕容疑では、2013年10月7日から31日の工事期間中、旧校舎の基礎コンクリート部分や建設廃材など557トンを校内に捨てたとされる。

 県警によると「捨てたのは間違いない」と容疑を認めている。佐野容疑者は、同社が下請けとして請け負った校舎の解体作業の現場責任者だった。

 廃材の投棄は、工事完了後に市民の通報で発覚。工事契約では基礎部分を撤去することになっていたが、鉄筋3階建ての新校舎に隣接する旧校舎跡地の地中を掘り返したところ、基礎コンクリート部分や浄化槽などが見つかった。

 尾鷲市は昨年4月、悪質な手抜き工事だったとして、大成産業と元請けの松阪市中央町の建設会社「北村組」、尾鷲市倉ノ谷町の建設会社「丸昇建設」の3社を尾鷲署に刑事告訴。県警はずさんな工事の実態解明を進めていた。佐野容疑者が元請け業者の現場責任者などから指示を受け、組織ぐるみで犯行に及んだ疑いもあるとみて捜査している。

 

このニュース記事≫http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015020590091346.html