解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 国立競技場、スタンド解体始まる

国立競技場、スタンド解体始まる

2015年03月05日 東環コラム


<朝日新聞デジタルより>

 2020年東京五輪に向けて建て替え工事中の国立競技場(東京都新宿区)で、スタンドの解体が始まった。周囲では重機で崩される様子を立ち止まって見つめる人の姿も見られた。

 新国立競技場は19年ラグビーワールドカップの開幕戦と決勝の会場にも決まっている。入札の不調などで解体工事は遅れているが、日本スポーツ振興センターでは今年10月の着工に間に合わせたいとしている。(嶋田達也)

このニュース記事≫http://www.asahi.com/articles/ASH335J2BH33UQIP03D.html