解体から世の中の今が見える!
東環コラム!

高度成長期の構造物が建替え時期を向かえ、解体工事の需要は今後も増加傾向を期待できます。
その中で私たちのできることは何か?解体という業種を少しでもご理解いただけるよう努めてまいります。

ホーム > 東環コラム > 作業員転落、死亡…旧長銀ビル解体工事

作業員転落、死亡…旧長銀ビル解体工事

2015年03月09日 東環コラム


<読売新聞より>

 9日午前7時40分頃、東京都千代田区内幸町2の新生銀行旧本店ビルの解体工事現場から、「作業員が転落した」と119番があった。

 救急隊員が駆け付け、30歳代の男性作業員が病院に搬送されたが、全身を強打しており、まもなく死亡が確認された。

 警視庁丸の内署の幹部によると、男性はビル2階の床に開いていた穴から、穴を塞いでいたベニヤ板ごと約9メートル下の1階に転落したとみられる。同署で現場の安全管理に問題がなかったかどうか調べている。

このニュース記事≫http://www.yomiuri.co.jp/national/20150309-OYT1T50081.html

超高層マンション・超高層ビル 旧長銀ビル解体工事概要≫http://bluestyle.livedoor.biz/archives/52225845.html