基本理念・メッセージ

株式会社東洋環境開発代表
林昭兵のごあいさつ・基本理念と行動方針

ホーム > 会社情報 > 基本理念・メッセージ

ごあいさつ

  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한글

  • 株式会社 東洋環境開発 代表取締役 林 昭兵

    「夢のある新しい街づくり」

    これが、私どもの企業理念になります。

    解体によっていったん土地を更地にもどす。そこから新しい夢のある街を創造するための基礎を用意するといった意味合いです。夢を生み出す場所ですから、その工事が迷惑なものであってはならないわけです。

    自然との調和を第一に考え、周辺環境のことを考えながら着手し、快適で洗練された心に優しい生活環境をつくるという信念のもと、資源を最大限に活かす解体工事の実現を目指しております

    東環リサイクルセンターの設置をはじめ、わたしたちが目指すものは、「ゼロ・エミッション -Zero Emission-」です。これは全く廃棄物を出さないリサイクルという産業思想で、自然を壊さない、次世代に受け継いでいくという考えに基づくものです。

    地域との共生を何より大切にしながら、解体工事から資源の再生までトータルに関わり、これからの循環型社会に幅広く貢献していくことがわたしたちの願いであり、使命であると考えております。

    株式会社 東洋環境開発 代表取締役 林 昭兵 SYOHEI HAYASHI

社長インタビュー

基本理念

私たちは、地球環境の保全が人類共通の重要課題のひとつであることを認識し、適正処理、リサイクルを通して、人と自然にやさしい豊かな社会作りに貢献します。

行動方針

当社は、建造物解体工事・産業廃棄物の処理、「再生」をしており、これらの事業活動を行うにあたり、事業活動そのものはもとより、解体・処理及びサービスにおいて出来る限り環境への負荷を少なくする為に次の環境保全活動を行う。

  1. 事業活動及び解体・処理・サービスが環境にどのように影響を及ぼしているのかを評価するシステムを 確立し、環境に与える影響が大きく、経済的にも可能であり、その効果も大きい事項から、継続して改善を 図り、環境汚染への予防に努める。
  2. 解体・処理の計画の段階から環境への影響を考えた取り組みをすることはもとより、現状では無理と思 われることであっても、その影響が大きいと考えられる事項を極力排除していくよう継続的に努力する。 特に「処理業務」に関わるエネルギーの削減については、その最も重要な事柄の一つであることを認識し、 あきらめずにその実現に向けて継続して努力する。
  3. 環境関連法令及び当社が受け入れたその他の要求事項を順守する。
  4. 環境保全活動を積極的に推進する為具体的に目標を設定し、見直しを図る。
  5. 効率的な業務活動を行うため、継続的な業務の改善を図る。
  6. 定期的あるいは必要に応じて環境マネジメントシステムを見直し、継続的に改善を図る。
  7. この環境方針を達成、維持するため、全従業員に周知徹底させる。また、社外へも開示する。

社是 -会社の究極の目的

夢のある新しい街づくり
~環境に優しい視点で~

夢のある新しい街づくりとは…

  1. 自然との調和を第一にしてものごとを考える
  2. まず、街全体のことを考えてから着手する
  3. 快適で洗練された心に優しい生活環境をつくる

経営理念 -社是を実現する為の会社のあるべき姿

  1. 商品開発と人材開発に最大のエネルギーを費やし社会に貢献する
  2. 感動を周りの人々に与えるプロ技能集団を目指し、業界の発展向上に尽くす
  3. ロイヤル・カスタマーを着実につくり安定した経営体質にするそして、社員を幸せにする

経営基本方針 - 社是を実現する為の経営幹部としてあるべき姿

  1. 長期的な展望に立って研究開発を継続し、我が社独自のものを創る
  2. 施設を有効に活用し、ゼロ・エミッションを目指す
  3. 売上や利益の大きさでなく、輝きながら永続する堅実な成長を目指す企業にする

社員の行動規範 - 社是を実現する為の社員としてのあるべき姿

  1. 各自がそれぞれ自分の目標を明確に持ち、家庭の幸せと技術の研鑽に励む
  2. ファミリーとしての意識を持ち、公私にわたって常に助け合う
  3. すべてに人間性に富んだ気配りをして、公徳心をもち社会にとって常に有益な人間であるよう努める

ISO14001取得

東洋環境開発は環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001の認証を取得しました。ISO14001とは、国際標準化機構(ISO)が発行した環境対策に積極的に取り組むためのルールを持つ企業や団体を認証する国際規格です。

環境問題が地球規模で進んでいる昨今、環境への負荷を低減するため、積極的に環境対策に取り組んでいく必要があります。そのため環境をより良くするための活動を数多く展開すると同時に、自らが一事業者として率先して環境改善活動に取り組み、より一層の環境保全の実現を目指すものです。