社員・スタッフインタビュー

東洋環境開発の若手社員を中心に、日々の仕事について、会社の将来性についてお話を伺いました。
仕事内容は違えど社員の進むべき方向が垣間見えるインタビューです。

ホーム > 採用情報・東環で働く社員 > 社員・スタッフインタビュー > 工事部 佐藤 弘典

工事部 佐藤 弘典

Q.職種と社歴を教えてください。

入社8年目。
構造物解体現場における解体作業を行っております。

Q.東環に入る前は何をしていましたか?

私は新卒で東洋環境開発に入社しました。東環に入る前は、宮城県の高校の普通科に通っていました。

Q.入社のきっかけは?

私が卒業した母校が東洋環境開発に解体工事をしてもらいまして、それをきっかけに解体業というものに興味をもちました。その後、就職活動中にこの会社を学校から紹介してもらい入社することになりました。

Q.普段使っている仕事のマストアイテムを教えてください。

私は、ヘルメット、作業着、手袋、安全靴です。
この4点セットがないと現場に入れず、どこに行っても作業ができません。

Q.仕事を通じて嬉しかったことは何ですか?

自分のスキルが上がったことです。【二級土木施工管理技士】や【中間処理破砕リサイクル施設管理者】など多くの資格を取得することができました。
また、私は去年まで環境部にいたのですが、直接お客様から「ありがとう」と言ってもらえたこともとても嬉しい出来事のひとつです。

Q.自身の仕事で大変だったことはなんですか?

やはり、震災直後の油(ガソリン)もない、電気も使えない、ガスも来ない、水も出ないという状況で、仕事をしたというのは、自分自身の人生の中でも一番大変だった時期なのではないかなと今振り返ると思います。

Q.会社の魅力を教えてください。

広大な中間処理場、多くの重機とアタッチメントが揃っているというところでは、どんな解体現場でも戦えるところが魅力だと思います。

Q.これから加わる東環メンバーにメッセージをお願いします。

私自身も高校を卒業して何も分からないところから、今まで色々なことを東環で学びました。
そして、資格も取得させてもらうことができます。
みんな明るい仲間で、仕事はキッチリと、プライベートはわきあいあいと楽しくやっています。
施設見学会などもありますので、一度東洋環境開発に来て雰囲気を味わっていただき、一緒に仕事ができれば幸いです。