社員・スタッフインタビュー

東洋環境開発の若手社員を中心に、日々の仕事について、会社の将来性についてお話を伺いました。
仕事内容は違えど社員の進むべき方向が垣間見えるインタビューです。

ホーム > 採用情報・東環で働く社員 > 社員・スタッフインタビュー > 管理部 林 祐子

管理部 林 祐子

Q.職種と社歴を教えてください。

入社5年目。
社内から出る書類の管理、また契約請求書類の管理をしております。

Q.東環に入る前は何をしていましたか?

私は仙台市内の女子高校に通っていました。高校卒業後、新卒で東洋環境開発に入社しました。

Q.入社のきっかけは?

高校生になった時から早く社会に出て働きたいという希望がありました。
当社には幼い時からお世話になっている方が多くいらっしゃったので身近に感じており、ここで勤めたいと思い希望しました。

Q.普段使っている仕事のマストアイテムを教えてください。

私は電卓です。
私の管理部署は常に数字と関わっていますので、電卓がないと仕事になりません。
毎日使っています。

Q.仕事を通じて嬉しかったことは何ですか?

いつもお世話になっている、協力業者の方に「ありがとう」と言われたときが一番嬉しいです。
私は常に事務所内にいるので毎日お客様に直接会うことはないんですけれども、年に1、2回の集まりの時に感謝の言葉や「これからもよろしくね」という言葉をもらえるとまた頑張ろうという気持ちになります。

Q.自身の仕事で大変だったことはなんですか?

震災後の1年間は毎日遅くまで出て、山のような書類の整理をしていた記憶があります。
もとの状態に戻るまではしばらく掛りました。

当社のリサイクルセンターは産業廃棄物を扱っている会社なので、普段の倍以上に車輛を増やして宮城県内のゴミの収集を各地から行って、その関係もあって、当施設もゴミが山のように入ってきまして、それを処理するのに2年以上かかって、震災の復興の方に務めたということがありました。

Q.会社の魅力を教えてください。

若い社員が多いことですね。20代~30代の方が多いので、今後もその若いパワーで会社を盛り上げていけるところです。

Q.これから加わる東環メンバーにメッセージをお願いします。

東環は常に前を向いて、目標に向かって進んで行っている会社だと思います。
若い社員も多いし、非常に活気溢れる職場となっていますので、是非一緒に仕事をしましょう!