土壌汚染改良事業

高度成長期の建物や工場が移転・解体され再開発が活発的な昨今、土壌汚染の問題が深刻化しております。
建物の解体から汚染土壌の処理まで一貫して行える機動力があるからこそ、短期に問題を解決し施主様や近隣住民の皆様のご負担を低減することができます。

ホーム > 私たちの仕事 > 土壌汚染改良事業

汚染土壌の処理もおまかせください

高度成長期の建物や工場が移転・解体され再開発が活発的な昨今、土壌汚染の問題が深刻化しております。土壌汚染対策法が2003年に施工されて以来、現在まで大幅な改正を伴いながらも世間の認識は低く、土地売買時、開発工事中に土壌の汚染が発覚し、訴訟問題に発展する場合がございます。

当社は調査から申請手続き、施工まで一貫した体制が整っております。
建物の解体から汚染土壌の処理まで一貫して行える機動力があるからこそ、短期に問題を解決し施主様や近隣住民の皆様のご負担を低減することができます。

作業フロー

  1. 調査
  2. 施工計画書の策定・関係各所との協議
  3. 周辺住民対応(必要に応じて説明会の開催等)
  4. 土壌汚染対策法に基づく申請手続き
    (4条・12条・16条申請等)
  5. 施工計画に基づいた掘削・土砂の搬出
  6. 埋戻し・整地
  7. 完了
  • (例)掘削施工図

    (例)掘削施工図

  • (例)仮設計画図

    (例)仮設計画図